算術平均(読み)さんじゅつへいきん(英語表記)arithmetic mean

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

算術平均
さんじゅつへいきん
arithmetic mean

相加平均ともいう。 n 個の正の数を a1a2,…,an とするとき,(a1a2+…+ann を,その算術平均という。統計学では,n 個の変量 x1x2,…,xn の算術平均,すなわち
を単に平均値と呼ぶ。 n 個の変量が階級値 x1x2,…,xk と,それに対するそれぞれの繰返し度数が f1f2,…,fk で与えられている場合には,加重平均
をその平均値とする。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

さんじゅつ‐へいきん【算術平均】

〘名〙 いくつかの数値の総和を数値の個数で割ったものの、もとの数値に対する称。相加平均。〔国民百科新語辞典(1934)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の算術平均の言及

【相加平均】より

…算術平均ともいう。n個の数x1,x2,……,xnがあるとき,これらの数の和を個数nで割ったもの(x1x2+……+xn)/nx1,x2,……,xnの相加平均という。…

【平均】より

…相加平均を意味することが多い。n個の実数x1,x2,……,xnが与えられているとき,を,n個の実数の相加平均(または算術平均)という。 数理統計学では,母集団から無作為にとり出したn個のデータX1,X2,……,Xnの相加平均,を標本平均という。…

※「算術平均」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android