コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

管東溟 かんとうめいGuǎn Dōng míng

世界大百科事典 第2版の解説

かんとうめい【管東溟 Guǎn Dōng míng】

1536‐1606
中国,明末の思想家。名は志道,字は登之,東溟は号。蘇州府太倉州(江蘇省太倉県)の人。隆慶5年(1571)の進士王学左派の耿定向(天台。1524‐96)に師事したが,李贄(りし)などの王学左派は人倫を破壊するものであるとの危機感に促されて彼らを激しく非難した。他方,朱子学の単純な蘇生にも反対して東林党の顧憲成・高樊竜とも論争した。彼は両学を止揚するに仏教の無を中核にすえ,伝統的倫理観を強固に保守する壮大な体系を樹立した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

管東溟の関連キーワードヘンリー(8世)コーク(Sir Edward Coke)ボロトニコフの乱少弐資元タリコナ長尾為景ヘンリー8世恩寵の巡礼ブラチスラバ宗教改革史(年表)

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android