コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

管東溟 かんとうめい Guǎn Dōng míng

1件 の用語解説(管東溟の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

かんとうめい【管東溟 Guǎn Dōng míng】

1536‐1606
中国,明末の思想家。名は志道,字は登之,東溟は号。蘇州府太倉州(江蘇省太倉県)の人。隆慶5年(1571)の進士。王学左派の耿定向(天台。1524‐96)に師事したが,李贄(りし)などの王学左派は人倫を破壊するものであるとの危機感に促されて彼らを激しく非難した。他方,朱子学の単純な蘇生にも反対して東林党の顧憲成・高樊竜とも論争した。彼は両学を止揚するに仏教の無を中核にすえ,伝統的倫理観を強固に保守する壮大な体系を樹立した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

管東溟の関連キーワード王夫之韓非顧炎武尸子慎到申不害鄒衍兼愛思想家焚書

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone