コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

李贄 リシ

6件 の用語解説(李贄の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

り‐し【李贄】

[1527~1602]中国、明末の思想家・文学者。泉州晋江(福建省)の人。号、卓吾。官を辞して著述に専念した。世俗の権威を否定し、封建倫理を批判したため逮捕され、獄中で自殺。小説や戯曲の価値を認め、「水滸伝」なども高く評価した。著「焚書」「蔵書」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

李贄【りし】

中国,明代の思想家。号は卓吾,宏甫など。福建省の人。下級の官を長らく務め,退職後59歳から十数年間思想家,評論家として盛んに活動。陽明学左派に属する。彼の根本思想は〈童心〉の説で,この童心(真心)をそこなう〈仮(にせ)〉(道理もこの一つ)を憎み,世の儒者や儒教主義に立つ官僚の偽善を暴露した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

りし【李贄 Lǐ Zhì】

1527‐1602
中国,明末の思想家。福建省泉州府晋江県の人。原名は載贄,号は卓吾,宏甫(宏父),温陵居士など多数。26歳のときに郷試に合格。家庭の事情のため上級試験を断念して,30歳で河南省輝県の教諭に任官する。のち54歳まで北京,南京の国士館博士・礼部司務・南京刑部員外郎,雲南姚安府知府などを歴任したが,この後は湖北省の黄安,麻城に客寓して読書著作の生活を送った。性狷介(けんかい),妥協を嫌う李贄は官僚生活を楽しまなかったが,その間に,求道の先達同学に邂逅(かいごう)して鼓舞され,学問に情熱を燃やして〈真に生きる〉ことに邁進した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

りし【李贄】

1527~1602) 中国、明末の陽明学左派の思想家・批評家。号は卓吾たくご。「水滸伝」などの俗文学を高く評価。また、儒者(官僚)の偽善的道徳至上主義を鋭く批判し、能力主義を訴えたが、捕らえられ獄中で自殺した。著「焚書」「蔵書」「李温陵集」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

李贄
りし

李卓吾」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

李贄
りし
(1527―1602)

中国、明(みん)末の陽明学者。初名載贄(さいし)、号は卓吾(たくご)、別号温陵(おんりょう)。福建省泉州府晋江(しんこう)県の人。『焚書(ふんしょ)』『蔵書(ぞうしょ)』などの著書がある。彼は、なにものにもとらわれない純粋で原初的な心を童心とよび、そこに内面的権威を認めて、形骸(けいがい)化した既成の価値基準や道徳意識と対立させた。それを軸にあからさまな名教批判を行い、従来絶対的権威を有してきた経典や聖人にまで批判を加えた。また、この心は万人に平等に賦与されていると考えることから、性別や階層などを超えて平等が主張されることになる。心の真実の発露である限り、儒仏道三教の別や文学におけるジャンルも本質的なものとはみなされず、そこからは三教一致論や俗文学の顕彰などが導かれ、個性尊重や私肯定の態度、平等主義などが推し進められた。彼は人間や社会を具体的、現実的に洞察し、そこに人間の心にあるさまざまな欲望をみいだし肯定した。彼は生存の欲望のような根源的欲望を根底に置き、そこにさまざまな欲望の展開を基軸として据えて、欲望の否定的側面をも考慮しながら、明代末期の中国社会に適応する秩序を再構築しようと展望した。しかし固陋(ころう)な道学者に対する鋭い批判や揶揄(やゆ)、徹底した名教批判、功利主義的態度、儒教からの逸脱、なによりも自ら異端を任じた彼自身の奇矯な行動などから、弾圧を招いて逮捕され、76歳の高齢で獄中に自刎(じふん)し果てた。このため彼の構想も挫折(ざせつ)し、清(しん)代以降の課題として残された。[杉山寛行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の李贄の言及

【異端】より

…【樺山 紘一】 中国では《論語》に初めてみえる言葉で,正しくない学説の意とされる。韓愈が仏教や道教を異端として排撃して以後,新儒教(朱子学)では〈聖人の道〉からはずれた学説や教えを異端ということが多くなり,陽明学左派を徹底させた李贄(りし)は異端とされて獄中で自殺した。仏教の中では三階教が〈異法〉として禁圧されたが,一般に弾圧は最終的には国家権力によるもので,宗教的権威による異端裁判はなかった。…

【中国思想】より

…ただし,その強い主観主義のために,左右いずれの方向を採るかは自由であり,陽明学派ではさまざまな分極化が進行した。明が清に滅ぼされたとき,節を守って殉じた大儒劉宗周を右派の代表格とすれば,左派の代表者は李贄(りし)(卓吾)である。 李卓吾は王陽明の良知説を発展させて童心説を唱え,自然のままの童心に帰るべきことを主張した。…

【童心説】より

…中国,明代の思想家,李贄(りし)の基本的人間観。孟子が赤子の心に人間の本来的姿の顕現をみたごとく,幼児に理想態をみる考えは古来あった。…

【明】より

…王艮(おうこん)(心斎)などは自分自身,製塩人夫の出身であったが,その門下にはさまざまな職業の庶民が多かったという。この系統からはさらに進んで,拘束的な倫理道徳は,かえって道の実現をさまたげるものだとする李贄(りし)(卓吾)が現れた。彼はその立場から,歴史における従来の価値評価を覆す《蔵書》などの書物を著したから,儒教に反する者としてきびしく非難され,著書が禁止されただけでなく,最後は捕らえられて獄中で自殺した。…

※「李贄」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

李贄の関連キーワード王建章黄檗独文黄檗費隠朱熹福建省楊時思想家泉州ザイトン覚悔

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone