コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

箱錠 ハコジョウ

2件 の用語解説(箱錠の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

はこ‐じょう〔‐ヂヤウ〕【箱錠】

錠の一。金属製の箱の中に開閉機構などの装置を納めたもの。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の箱錠の言及

【鍵】より

…このほか最近ではシリンダー内にレバータンブラー錠が数列並んだ形式のロータリーディスクシリンダー錠もある。 本締めボルトと空締めボルトなどの組合せ方にもいろいろな形式があるが,基本的には,箱型ケースの中に本締めボルトと空締めボルトおよびこれらの開閉機構をおさめた箱錠,ノブに鍵穴を設け空錠にシリンダー錠を組み込んだモノロック錠,ノブ,空締めボルトがなく本締めボルトだけで施・解錠する本締り錠などになる。また錠の取りつけ方法には,扉の框(かまち)の厚みの中に彫り込んで取りつける彫込錠,内側から扉面に取りつけた露出型の面付(つらつけ)錠,錠本体は持ちはこびができ,半円形に曲がった棒を掛け金にとおして施錠する南京錠などの形式がある。…

※「箱錠」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone