錠前(読み)じょうまえ

精選版 日本国語大辞典の解説

じょう‐まえ ヂャウまへ【錠前】

〘名〙 (「錠」は「鎖(ジャウ)」の当て字) 戸などにとりつけて、開かないようにする金具。錠。
※浮世草子・好色五人女(1686)四「あるじは戸棚の錠前(ヂャウマヘ)に心を付れは」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

じょう‐まえ〔ヂヤウまへ〕【錠前】

戸やふたなど、開けたてする所につけて、他人が勝手に開けられないようにする金具。。「錠前をおろす」「錠前屋」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の錠前の言及

【鍵】より

…戸,引出し,箱などに取りつけ,差しかためて,しまりとする器具を錠あるいは錠前lockといい,これを開閉する具を鍵という。一対で用いられ,一般に〈鍵をかける〉などというように両者は混同されることが多い。…

※「錠前」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android