コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 かんぬき gate bar; locking bar

5件 の用語解説(閂の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


かんぬき
gate bar; locking bar

貫木とも書く。門扉などを閉じ固めるのに用いる横木。この横木を2ヵ所以上に固定した閂鎹 (かんぬきかすがい) で支え,この鎹物をつけている棧を閂持棧という。閂には堅質の木材や,鉄棒が用いられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かん‐ぬ‐き〔クワン‐〕【×閂/貫木】

《「かん(貫)のき(木)」の音変化という》門の扉が開かないようにする横木。左右の扉の内側につけた金具に差し通して使う。
相撲の手の一。もろ差しになった相手の両腕を上から抱え込んで絞り上げるもの。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

閂【かんぬき】

門や扉(とびら)を内側より閉じ固めるための横木。はじめは門に用いられたが,のち建物の出入口の扉にも用いるようになった。
→関連項目

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

かんぬき【閂】

門や出入口などの扉を閉じて内側から固めるための横木。貫木とも書く。貫木(かんのき)または関木(かんのき)から転じた。多くは堅い木を使用し,扉の框(かまち)や桟に打ち付けた箱金物(閂鎹(かんぬきかすがい))に差し通して開かないようにする。寝殿造の妻戸などは回転扉であるが,閂は用いていない。初めは門に用いたと思われ,のちには建物の出入口の扉に用いるようになった。また,近世の町家において,〈みせ(店)〉正面の摺上げ戸(蔀戸(しとみど)ともいう)を閉じるときに柱間の中央に立てる竪木も閂と呼ぶ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

かんぬき【閂】

〔「貫の木」の転〕
門や建物の出入り口の扉を閉ざすための横木。左右の扉につけた金具に通して扉が開かないようにする。かんぎ。 「 -を掛ける」
相撲で、もろ差しになった相手の両腕を抱えて締めつけること。 「 -にきめる」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

閂の関連キーワード梶の木・構の木貫の木・関の木・閂異木指貫の袴篦の木・箆の木蝋の木・蠟の木千貫のかたに編み笠一蓋稜の木ノ木偏鉢の木

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

閂の関連情報