コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

かんぬきgate bar; locking bar

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


かんぬき
gate bar; locking bar

貫木とも書く。門扉などを閉じ固めるのに用いる横木。この横木を2ヵ所以上に固定した閂鎹 (かんぬきかすがい) で支え,この鎹物をつけている棧を閂持棧という。閂には堅質の木材や,鉄棒が用いられる。観音開きの門には一般にけやき,ひのき,松,杉などの閂が使われる。また近世の町屋において戸締りのために蔀梁 (しとみばり) から下の敷居まで取付けてある竪木をさすこともある。竪木には溝を設けて蔀梁上に格納してある戸をおろす便とする。昼間は取りはずしておく。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かん‐ぬ‐き〔クワン‐〕【×閂/貫木】

《「かん(貫)のき(木)」の音変化という》門の扉が開かないようにする横木。左右の扉の内側につけた金具に差し通して使う。
相撲の手の一。もろ差しになった相手の両腕を上から抱え込んで絞り上げるもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

閂【かんぬき】

門や扉(とびら)を内側より閉じ固めるための横木。はじめは門に用いられたが,のち建物の出入口の扉にも用いるようになった。
→関連項目

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かんぬき【閂】

門や出入口などの扉を閉じて内側から固めるための横木。貫木とも書く。貫木(かんのき)または関木(かんのき)から転じた。多くは堅い木を使用し,扉の框(かまち)や桟に打ち付けた箱金物(閂鎹(かんぬきかすがい))に差し通して開かないようにする。寝殿造妻戸などは回転扉であるが,閂は用いていない。初めは門に用いたと思われ,のちには建物の出入口の扉に用いるようになった。また,近世の町家において,〈みせ(店)〉正面の摺上げ戸(蔀戸(しとみど)ともいう)を閉じるときに柱間の中央に立てる竪木も閂と呼ぶ。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かんぬき【閂】

〔「貫の木」の転〕
門や建物の出入り口の扉を閉ざすための横木。左右の扉につけた金具に通して扉が開かないようにする。かんぎ。 「 -を掛ける」
相撲で、もろ差しになった相手の両腕を抱えて締めつけること。 「 -にきめる」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

閂の関連キーワード貫の木・関の木・閂打ち外す・打外すフルーランス海老錠・蝦錠カテナチオ出入り口きめ出し浦山古墳落し差ししとと大和井旗本奴六方者南京錠接吻支う

閂の関連情報