コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

箱館産物会所 はこだてさんぶつかいしょ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

箱館産物会所
はこだてさんぶつかいしょ

江戸時代末期,蝦夷 (えぞ) 地が幕府直轄領となっている間,その産物の販売を幕府直営とするため設けられた取締り機関。寛政 11 (1799) 年に設けられたときは箱館会所といったが,安政4 (1857) 年産物会所の名で再置され,開港場の管理にあたった。江戸,大坂などの商人が蝦夷地物産の売買にあたり,売価の 100分の2を口銭として上納した。明治新政府のもとで,生産開所と改名されたが,明治5 (72) 年廃止された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の箱館産物会所の言及

【箱館会所】より

…箱館産物会所ともいう。江戸時代,蝦夷地の幕府直轄にともない蝦夷地産物取扱いのために設けられた幕府直営機関。…

※「箱館産物会所」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android