コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

箱館産物会所 はこだてさんぶつかいしょ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

箱館産物会所
はこだてさんぶつかいしょ

江戸時代末期,蝦夷 (えぞ) 地が幕府直轄領となっている間,その産物の販売を幕府直営とするため設けられた取締り機関。寛政 11 (1799) 年に設けられたときは箱館会所といったが,安政4 (1857) 年産物会所の名で再置され,開港場の管理にあたった。江戸,大坂などの商人が蝦夷地物産の売買にあたり,売価の 100分の2を口銭として上納した。明治新政府のもとで,生産開所と改名されたが,明治5 (72) 年廃止された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の箱館産物会所の言及

【箱館会所】より

…箱館産物会所ともいう。江戸時代,蝦夷地の幕府直轄にともない蝦夷地産物取扱いのために設けられた幕府直営機関。…

※「箱館産物会所」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

箱館産物会所の関連キーワード栖原角兵衛(7代)江戸時代(年表)内山彦次郎北風正造箱館会所開港場商人大坂寛政売価安政

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android