箱館会所(読み)はこだてかいしょ

百科事典マイペディアの解説

箱館会所【はこだてかいしょ】

江戸時代,幕府蝦夷地の産物取扱のために箱館(現函館市)に置いた機関。箱館産物会所とも。1799年幕府は東蝦夷地・箱館周辺の直轄化に伴い交易機関として箱館と江戸に会所を設置。1812年の場所請負制復活でいったん廃止されるが,1857年蝦夷地産物の流通統制を主目的として箱館に産物会所を再置し,江戸・大坂ほかには会所・用達商人を置き,取引額の2%の口銭を取った。合わせて生産者には〈元仕入(もとしいれ)仕法〉などを実施。1868年箱館生産会所,1869年北海道産物会所と改称し,1870年開拓使に所属。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

はこだてかいしょ【箱館会所】

箱館産物会所ともいう。江戸時代,蝦夷地の幕府直轄にともない蝦夷地産物取扱いのために設けられた幕府直営機関。1799年(寛政11)幕府は東蝦夷地を直轄し,その経営を直営とした際,蝦夷地産物の集荷・販売機関として箱館(現,北海道函館市)と江戸に会所を設け,全国枢要の地に御用取扱商人を置いた。1812年(文化9)場所請負制の復活にともない廃止したが,55年(安政2)幕府は蝦夷地を再直轄するや,57年蝦夷地産物の流通統制と開拓資金の捻出を目的として箱館に産物会所を設置し,江戸・大坂などに会所・用達商人を置いて蝦夷地産物の検査・取締りを行い,売買価格の100分の2を口銭として上納させた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android