コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

築壁 ちくへき masonry wall

1件 の用語解説(築壁の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

築壁
ちくへき
masonry wall

坑道支保 (→坑内支保 ) の一種で,坑道の周壁の全部または一部を石材,煉瓦,コンクリートコンクリートブロックなどで巻きおおう作業およびその構造物。腐朽せず,強い盤圧にも耐え,平面が平滑であるために通気抵抗が少く,ガス炭塵の集積するおそれがないなどの理由により,長期にわたり維持する必要のある坑道,大断面の坑道,特別に盤圧の強い坑道,竪坑などの支保に用いられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

築壁の関連キーワード坑内支保差矢法自走支保切り羽支保・切羽支保坑内支保工坑外坑内支柱土壙(坑)

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone