コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

築壁 ちくへきmasonry wall

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

築壁
ちくへき
masonry wall

坑道支保 (→坑内支保 ) の一種で,坑道周壁の全部または一部を石材,煉瓦,コンクリート,コンクリートブロックなどで巻きおおう作業およびその構造物。腐朽せず,強い盤圧にも耐え,平面が平滑であるために通気抵抗が少く,ガス炭塵の集積するおそれがないなどの理由により,長期にわたり維持する必要のある坑道,大断面の坑道,特別に盤圧の強い坑道,竪坑などの支保に用いられる。なお防水,ガスや空気の流通の遮断などの目的で築壁が施されることもあり,これを特に密閉ダムと呼ぶ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

築壁の関連キーワードスカフォードメダイヨン竪坑開削建築材料壁画

築壁の関連情報