コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

築壁(読み)ちくへき(英語表記)masonry wall

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

築壁
ちくへき
masonry wall

坑道支保 (→坑内支保 ) の一種で,坑道周壁の全部または一部を石材,煉瓦,コンクリート,コンクリートブロックなどで巻きおおう作業およびその構造物。腐朽せず,強い盤圧にも耐え,平面が平滑であるために通気抵抗が少く,ガス炭塵の集積するおそれがないなどの理由により,長期にわたり維持する必要のある坑道,大断面の坑道,特別に盤圧の強い坑道,竪坑などの支保に用いられる。なお防水,ガスや空気の流通の遮断などの目的で築壁が施されることもあり,これを特に密閉ダムと呼ぶ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android