コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

支保 しほsupport; timbering

5件 の用語解説(支保の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

支保
しほ
support; timbering

支保工。型枠,山止めなどの土木工事コンクリート加重を支え,固定するための支柱,間柱,斜柱,貫柱,繋材などの支持部分。またその作業。おもに工作物の保守,維持と作業場の保安などの目的で施される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

支保【しほ】

支保工とも。トンネル工事等で,コンクリートで覆工するまで掘削面が崩れないよう土圧を支えるための仮構造物。鋼アーチ支保,ロックボルト吹付けコンクリートなどがある。
→関連項目採鉱採炭

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しほ【支保 timbering】

支保工ともいう。トンネルを掘削してから覆工(トンネル内面をコンクリートなどで固めること)するまでの間,掘削した断面を確保し,地山の崩壊や変形を防ぎ,安全に作業ができるように地山を支持する構造物。木製支柱式支保,鋼アーチ支保,ロックボルト,吹付けコンクリートなどがある。木製支柱式支保は1955年ごろまで用いられたが,現在では地質不良個所や崩壊個所の応急処置に使われる程度である。鋼アーチ支保はH形鋼や鋼管などをトンネル断面にあわせてアーチ形に加工し,適当な間隔(0.9~1.5m)に建て込むもので,支保どうしはボルトや内ばりで強固に連結される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

しほ【支保】

( 名 ) スル
弱い立場にある人を支え保護すること。 「妻を-するの義務を負ふ/明六雑誌 8
鉱山・トンネル工事などで、落盤・落石などを防ぐため、天井や坑壁を支持する構造物。支保工。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

支保
しほ

鉱山、トンネル工事などにおいて、落盤、落石、土砂の崩落などを防止するために施工される、天井および坑壁を支持する構造物をいう。[木下重教]

種類

坑道やトンネルの支保工としては、木材支保、鋼材支保、覆工、ロックボルト工法の4種類がある。木材支保は、坑木を用いて行うもっとも簡単な支保で、三つ枠、合掌枠、モル枠、二重枠など種々の方法がある。しかし使用例からみると三つ枠が圧倒的に多い。これは、2本の木柱に1本の笠木(かさぎ)をのせて門形に組み、くさび、矢木で周囲の岩盤や隣接枠に固定して支保するものである。軟弱な岩盤では、周囲に差矢、矢板掛けなどを行って破砕ずりの枠間漏れを防ぐ。鋼材支保は、鋼材(古レール、IまたH型鋼)をアーチ状に組み合わせて支柱とするもので、2本の部材を頂上で連結し、継ぎ目には適当な継ぎ目板を用いてボルト止めする方法が普通である。覆工は、コンクリートの場所詰め、コンクリート・ブロックまたはれんが積みなどによって、坑道を被覆する工法である。トンネル、鉱山における通洞、立坑など半永久的に使用される坑道の支保に採用される。ロックボルト工法は、坑道掘削後、天盤、側壁、場合によっては床盤に削孔し、ボルトを打ち込んで岩盤を緊定し、岩盤の崩壊、分離を防ぐ工法である。ボルトを岩盤に固着する方法には、くさび式、エキスパンションシェル式、および樹脂を流し込んでボルトを孔壁に全面接着するなどの方式がある。最近はNATM(ナトム)(new austrian tunnelling method)工法といって、ロックボルト打設や仮支保を施したのち、ただちにモルタルやコンクリートを吹き付けて坑道を被覆し、適当な時期に完全覆工を行う工法が普及してきたが、これは軟弱な岩盤の坑道維持に非常に効果があることが認められている。[木下重教]

炭鉱における支保

炭層を採掘している炭鉱では、採掘とともに移動する採炭面(採炭切羽(きりは)という)を維持することはきわめて重要であり、切羽支保として独得の発達を遂げてきた。1950年ころまでの切羽支保は主として坑木が用いられ、採掘もピック、発破による場合がほとんどであったが、その後カッペと鉄柱による切羽支保が導入され、採掘もコール・カッター、ホーベルなどの機械が利用されるようになった。最初の鉄柱は摩擦鉄柱であったが、油圧機器の進歩に伴って油圧式鉄柱にかわり、最近ではさらに進歩し、油圧操作によって移動できる自走支保とよばれる支保が開発され、採炭切羽の無人化と完全機械化に貢献している。自走支保には、数本の油圧鉄柱とカッペを組み合わせた組枠、およびカッペのかわりにシールドを用いたシールド枠がある。しかし自走枠を用いた切羽の完全機械化は、炭層の傾斜が30度以下の緩傾斜層に限られ、炭層傾斜が30度以上の急傾斜層ではまだ達成されていない。わが国には急傾斜の炭層がかなりあり、これらの炭層を安全に採掘するには、急傾斜採炭切羽の支保の機械化は採掘の機械化と並んで重要な課題である。[木下重教]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

支保の関連情報