コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

簡易無線 かんいむせん

3件 の用語解説(簡易無線の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

簡易無線【かんいむせん】

近距離連絡用の簡易な無線通信アマチュア無線に該当しないもの。150MHz帯,450MHz帯などに特定の周波数が指定されているが,特に26MHz,27MHz帯の周波数のものはトランシーバーに使用され,家業,現場監督,巡回,レクリエーション等に利用される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

かんいむせん【簡易無線 simple radio】

電波法施行規則第4条に定められた無線局28種類の一つである簡易無線局とそれを用いて行う簡易無線業務の総称で,使用する人が無線技術士などの資格をもたないでも利用できることが特徴である。また無線局の申請は必要だが免許の手続が簡易化されている。このため使用する無線装置も小出力(空中線電力5W以下)であるほか,通信も同時送受信できない単信simplex方式に限られる。その利用分野は公共企業用,タクシー無線用などに150,450MHz帯が,シティズンバンド(市民ラジオ)と呼ばれるものや無線操縦発振器を用いる無線局(微弱電波を利用したいわゆるラジコンを除く)などに27MHz帯が,また近年だれもが手軽に利用できるようになった900MHz帯を用いたパーソナル無線など多くのものがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

簡易無線
かんいむせん

使用者が無線技術士などの資格をもたなくても利用できる無線。電波法施行規則に定められる。公共企業用、タクシー無線用、トランシーバー用、市民バンド用、パーソナル無線用などの周波数帯がある。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

簡易無線の関連キーワード電波法校則アマチュア無線沿海区域遠洋区域近海区域施行規則無線局保険業法施行規則保険料及び責任準備金の算出方法書

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

簡易無線の関連情報