コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

簡易無線 かんいむせん

百科事典マイペディアの解説

簡易無線【かんいむせん】

近距離連絡用の簡易な無線通信アマチュア無線に該当しないもの。150MHz帯,450MHz帯などに特定の周波数が指定されているが,特に26MHz,27MHz帯の周波数のものはトランシーバーに使用され,家業,現場監督,巡回,レクリエーション等に利用される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かんいむせん【簡易無線 simple radio】

電波法施行規則第4条に定められた無線局28種類の一つである簡易無線局とそれを用いて行う簡易無線業務の総称で,使用する人が無線技術士などの資格をもたないでも利用できることが特徴である。また無線局の申請は必要だが免許の手続が簡易化されている。このため使用する無線装置も小出力(空中線電力5W以下)であるほか,通信も同時送受信できない単信simplex方式に限られる。その利用分野は公共企業用,タクシー無線用などに150,450MHz帯が,シティズンバンド(市民ラジオ)と呼ばれるものや無線操縦発振器を用いる無線局(微弱電波を利用したいわゆるラジコンを除く)などに27MHz帯が,また近年だれもが手軽に利用できるようになった900MHz帯を用いたパーソナル無線など多くのものがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

簡易無線
かんいむせん

使用者が無線技術士などの資格をもたなくても利用できる無線。電波法施行規則に定められる。公共企業用、タクシー無線用、トランシーバー用、市民バンド用、パーソナル無線用などの周波数帯がある。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

簡易無線の関連キーワードワイヤレス・マイクミリ波通信EHF

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

簡易無線の関連情報