コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

簸屑 ヒクズ

4件 の用語解説(簸屑の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ひ‐くず〔‐くづ〕【××屑】

穀類や茶などを箕(み)でふるったときに出る屑。

ひくず【簸屑】[狂言]

狂言。和泉(いずみ)流。茶の簸屑をひきながら眠ってしまった太郎冠者に、次郎冠者が鬼の面をかぶせる。主人が帰って、鬼と思って追い出そうとするうちに面がとれる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ひくず【簸屑】

茶や穀物などを箕でふるって残った屑。 「 -どもをちやつくと打ち入れて/狂言・通円」

ひくず【簸屑】

狂言の一。太郎冠者は主しゆうに命じられた簸屑をひくうちに居眠りをしはじめ、その顔へ次郎冠者が鬼の面をかける。戻った主が、鬼をはやく追い出せというので、次郎冠者はさんざん太郎冠者をなぶるが、そのうち鬼の面が落ちる。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

簸屑の関連情報