籠抜(読み)かごぬけ

世界大百科事典 第2版の解説

かごぬけ【籠抜】

竹で編んだ籠の中をくぐりぬける曲芸。延宝年間(1673‐81)長崎から小鷹和泉,唐崎竜之が出て大坂で始めたと《和漢三才図会》に見える。口径40~45cm,長さ2~2.5mの竹籠を,地上2mくらいの台の上に置いて,その中を瞬時にしてくぐりぬける。籠の中にろうそくや刃物を立て,その中を通るという芸もあった。中国渡来のものらしく江戸時代を通じて流行した。【織田 紘二】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

アラビックヤマト

ヤマト株式会社の液状のりのブランド名。1975年発売。スポンジキャップと速乾性が特徴。スタンダードのほか、先がカーブしている「エル」、太・細塗りが出来る「ツイン」、スポンジ部分を下にして置ける「さかだ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android