米山 国蔵(読み)ヨネヤマ クニゾウ

20世紀日本人名事典「米山 国蔵」の解説

米山 国蔵
ヨネヤマ クニゾウ

大正・昭和期の数学者 九州帝国大学教授。



生年
明治10(1877)年1月

没年
昭和43(1968)年9月1日

出生地
神奈川県

旧姓(旧名)
真壁

学歴〔年〕
東京高等師範学校〔明治36年〕,京都帝国大学理学部数学科〔明治41年〕卒

学位〔年〕
理学博士(京都帝大)〔大正7年〕

経歴
明治43年五校数学教授となった。学位論文「連続的集合論」は、ポーランドのジャニゼウスキーが同様の研究を行っていたが、当時の日本では画期的なもの。大正11年九州帝大工学部教授、昭和12年定年退職し、兼任していた福岡高校専任数学教授となり、退任後も数学教育関係の活躍を続けた。著書に「数学の基礎」(全3巻)「実変数函教論」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android