コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

粟田純司 あわた じゅんじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

粟田純司 あわた-じゅんじ

1940- 昭和後期-平成時代の石積み技術者。
昭和15年8月16日生まれ。昭和38年粟田建設に入社し,父・粟田万喜三に野面積みの技法である「穴太衆(あのうしゅう)積み」を学ぶ。安土城跡,篠山城跡の石垣などを修理。昭和47年粟田建設社長。平成12年現代の名工に選ばれる。18年粟田建設会長。「打ち込みはぎ」「切り込みはぎ」など文化財石垣の保存技術も体得しており,20年文化財石垣保存技術協議会会長。25年文化財の保存・修復にあたる個人や団体を顕彰する読売あをによし賞本賞を受賞。滋賀県出身。近大卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

粟田純司の関連キーワード大庭秀雄清水宏ファッション・ブックアフリカン・アメリカン音楽エリセ斎藤寅次郎島津保次郎新体制運動豊田四郎久松静児

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

粟田純司の関連情報