安土城跡(読み)あづちじょうあと

国指定史跡ガイドの解説

あづちじょうあと【安土城跡】


滋賀県近江八幡市安土町、東近江市南須田町にある城跡。琵琶湖に向かって長く半島状に延びた丘陵にある標高199mの安土山に築城され、西南麓から南麓にわたる水堀が城域を画していた。1576年(天正4)、織田信長が丹羽(にわ)長秀を普請奉行として着工し、翌月に岐阜の稲葉山城にいた信長は居を移した。1579年(天正7)には天守閣が完成した。安土での築城は、越後の上杉謙信や北陸の一向一揆衆に対抗する意味もあったが、岐阜より京都に近く、琵琶湖の水運を掌握できる利点もあった。天下布武を唱えた信長の権威のシンボルとして造られた5層7階(地上6階、地下1階)の天守は、内部の柱に金箔が貼られ、外部にも色が塗られており、その豪華な城の様子は、当時、城を訪れた宣教師などが記している。城下町安土は楽市楽座の自由取引で大いに繁栄した。1582年(天正10)の本能寺の変で信長が死んでまもなく、天守があった本丸が焼失し、その後、廃城となった。現在は穴太(あのう)衆が石積みを担った大規模な石垣などの一部を残すだけであるが、当時の建物では二王門と三重塔が安土山南麓の摠見寺(そうけんじ)に伝わり、二の丸には信長の霊廟がある。発掘調査によって南山麓から本丸に続く大手道、通路に沿って造られた羽柴秀吉邸や前田利家邸などの家臣団の屋敷跡、本丸跡などが判明しており、整備・復元作業が進んでいる。1952年(昭和27)に国の特別史跡に指定された。JR東海道本線安土駅から徒歩約25分。

出典 講談社国指定史跡ガイドについて 情報

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

安土城跡の関連情報