コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

粥の木 カユノキ

デジタル大辞泉の解説

かゆ‐の‐き【×粥の木】

粥杖(かゆづえ)」に同じ。 新年》「―や女夫(めをと)の箸の二柱/才麿」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の粥の木の言及

【粥杖】より

…粥が付着したまま,柱をたたき,柱に粥を供える土地もある。この日,嫁たたきといって,棒で嫁のしりをたたき,早く子どもを持つように祝う風習があるが,粥杖を用いるのが本来であるらしく,その棒を,平安時代の《枕草子》では〈粥の木〉,《狭衣物語》では〈粥杖〉と呼んでいる。農村では,粥杖を保存しておき,苗代の水口に立て,田の神としてまつる例が多い。…

※「粥の木」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

粥の木の関連キーワード粥杖

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android