二柱(読み)ふたはしら

精選版 日本国語大辞典の解説

ふた‐はしら【二柱】

〘名〙
① (「柱」は、神仏などを数える貴称の助数詞) 神様二人。二神。特に、伊邪那岐命(いざなぎのみこと)、伊邪那美命(いざなみのみこと)の二神をいう。
※古事記(712)中「大吉備津日子命と若建吉備津日子命とは、二柱(ふたはしら)相副ひたまひて、〈略〉忌瓮を居ゑて」
鳥居の二本の柱。また、鳥居。
※光悦本謡曲・野宮(1470頃)「黒木の鳥居の二柱に、立ち隠れて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

二柱の関連情報