コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

粥杖 かゆづえ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

粥杖
かゆづえ

小正月を煮る際に用いる棒で,米粒のつく状態によってその年の豊凶を占い,また新嫁などの尻を打って男児が生れるよう祈願したもの。地方により,孕 (はら) めん棒,祝い木,幸い木,ばいの木,大の木など,いろいろな呼称がある。古く平安時代から行われ,『枕草子』や『狭衣物語』『弁内侍日記』などにその記述がある。粥で女の尻を打つと子供が生れるという習俗は,豊作祈願として行われる成木責めと同じ信仰から起ったものと考えられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かゆ‐づえ〔‐づゑ〕【××杖】

正月15日に、望粥(もちがゆ)を煮るときに使う御薪(みかまぎ)で作った杖。これで子のない女性の腰を打つと男子が生まれるといわれた。粥の木 新年》「―に冠落ちたる不覚かな/鳴雪

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

かゆづえ【粥杖】

小正月の1月15日の朝,粥をたくとき,かきまわすのに使う棒。粥かき棒ともいう。普通,太さ3cmほどの木を30cmばかりに切り,皮をむいて使う。削掛けにすることもある。先端に十文字割れ目を入れ,粥のはさまり方で占いをしたり,成木責めに用いたりする。粥が付着したまま,柱をたたき,柱に粥を供える土地もある。この日,嫁たたきといって,棒で嫁のしりをたたき,早く子どもを持つように祝う風習があるが,粥杖を用いるのが本来であるらしく,その棒を,平安時代の《枕草子》では〈粥の木〉,《狭衣物語》では〈粥杖〉と呼んでいる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かゆづえ【粥杖】

十五日粥を煮る時に用いた御薪みかまぎを削って作った杖。生り木責めや、嫁祝いに用いられた。粥の木。 → 十五日粥

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

粥杖
かゆづえ

正月15日、小豆(あずき)粥を煮るときの燃えさしの木を削ってつくった杖。邪気を払う道具で、『枕草子(まくらのそうし)』『狭衣(さごろも)物語』などにみえ、平安時代、宮廷女房社会で行われた風習である。この杖で子のない女性の腰を打つと、男子を懐妊するといわれ、祝事として行われた。後世には民間にその風習が伝わり、松の枝や柴(しば)などを用いている。[山中 裕]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の粥杖の言及

【しり(尻∥臀)】より

… 懲罰として尻をたたくことは広く行われてきているが,特殊な尻たたきがある。正月15日の粥(かゆ)を炊いたときの薪の燃えさしで作った粥杖は,女性の尻をたたくと子が生まれる,または男児ができるというので,《枕草子》にみえるように平安時代から行われていた。この俗信は《狭衣(さごろも)物語》や《問はず語り》にもあり,形をかえて室町から江戸時代を経て続き,今も五島列島の一部などに残る。…

【棒】より

…この祝棒で果樹を打つ〈成木責め〉,子どもたちが唱え言をいいながら嫁の尻を打つ〈嫁打ち棒〉〈嫁孕(はら)み棒〉などいずれも棒のもつ増産の呪力がその背景にある。また,粥占をするのに使う〈粥かき棒(粥杖)〉も小正月の祝棒の一例で,削掛けの系統をひくものである。 諏訪の御柱(おんばしら)祭と同様に,棒を大地に立てる場合には,とくに神の依代や世界樹として観念され,やがてこれが装飾化されて山鉾,幣束,旗ざおなどとなり,天と地,神と人を結ぶものの象徴と考えられていくのである。…

※「粥杖」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

粥杖の関連キーワード十五日粥望粥山中民具卯杖粥柱餅花粥占祝棒

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android