コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

精好織(り) セイゴウオリ

デジタル大辞泉の解説

せいごう‐おり〔セイガウ‐〕【精好織(り)】

中世以来、公家や武家に用いられた絹織物の一種。縦糸に練り糸または生糸を密にかけ、横糸に太い生糸を織り入れて固く緻密(ちみつ)に織った平絹。神主の祭服や袴地(はかまじ)に使う。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精好織(り)の関連キーワード仙台平精好大口

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android