コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

精神作用物質による心の病気 せいしんさようぶっしつによるこころのびょうき

1件 の用語解説(精神作用物質による心の病気の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

せいしんさようぶっしつによるこころのびょうき【精神作用物質による心の病気】

◎物質に対する依存
 アルコールや薬物をくり返し乱用してやめられなくなる場合を、物質に対する依存(または依存症)といい、依存におちいると社会生活に支障をきたすようになります。
 アルコールに対する依存がアルコール依存、薬物に対する依存が薬物依存です。依存症の基盤には、なにか自分に都合の悪い出来事や状況が生じても、辛抱強く現実的に対処することができず、アルコールや薬物に逃避してしまう傾向があるようです。
◎多剤乱用(たざいらんよう)(多物質依存(たぶっしついぞん))
 多剤乱用(多物質依存)とは、複数の物質に依存することです。なにかの物質依存から抜け出すために他の物質に依存する場合と、物質による気分高揚の相乗効果を求めて同時に複数の物質に依存する場合があります。
 1つの薬物に依存する場合より、同時に複数の薬物を乱用する場合のほうが、精神症状が強く現われ、人格変化も進行しやすく、予後が悪いことが知られています。

出典|小学館
家庭医学館について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone