コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

精衛 セイエイ

デジタル大辞泉の解説

せい‐えい〔‐ヱイ〕【精衛】

古代中国の伝説上の鳥。夏をつかさどる炎帝の娘が東海におぼれ死んで化した、くちばしが白く、足の赤い鳥西山の石をくわえてきては東海に落として海を埋めようとしたという。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

せいえい【精衛】

〔左思「魏都賦」〕
中国の想像上の鳥。夏をつかさどる炎帝の娘が東海におぼれて化したという鳥で、常に西山の木石をくわえて東海を埋めようとしたが、効がなかったという。
[句項目]

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

精衛の関連キーワード汪兆銘(おうちょうめい)日華基本条約大東亜会議荒木 俊馬武漢政府蒋介石周作人殷汝耕陳公博汪兆銘陳済棠周仏海陶希聖民報左思秋瑾

精衛の関連情報