炎帝(読み)エンテイ

デジタル大辞泉の解説

えん‐てい【炎帝】

中国で、夏をつかさどる神。太陽。 夏》
《火の徳によって王となったところから》中国古代の伝説上の帝王、神農氏のこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

炎帝【えんてい】

中国の伝説的な帝王。姜(きょう)姓の祖。神農と習合して炎帝神農氏と呼ばれ,火,竈(かまど),太陽などに関係づけられる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

えんてい【炎帝 Yán dì】

中国太古の伝説的な帝王。もともと南方に位置しの季節をつかさどる観念的な神格であったと考えられる。五行思想で〈火〉にあたる位置にいるところから,三皇の一人,神農と結びつき,炎帝神農氏と呼ばれ,伏羲(ふくぎ)と黄帝の間に入る帝王として歴史化された。姓は姜(きよう)。母の女登は神竜に感じて彼を生み,人身にして牛首であったという。聖徳があって帝位につくと,陳に都を定め,耒(らい),耜(し)などの農具を発明して穀物をうえることを人々に教え,市場の制度を創始するなどして民生の安定につとめた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

えんてい【炎帝】

火をつかさどる神。
夏をつかさどる神。太陽。 [季] 夏。 「夏の神は-とて/浄瑠璃・天神記」
○ 〔火徳によって王となったことから〕 中国古代の伝説上の帝王、神農の称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

えん‐てい【炎帝】

〘名〙 夏をつかさどる神。また、その神としての太陽。《季・夏》
中華若木詩抄(1520頃)下「四時には其主あるぞ。春は青帝、夏は炎帝、秋は白帝なんどと云ぞ」 〔礼記‐月令〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

炎帝の関連情報