精読(読み)セイドク

デジタル大辞泉の解説

せい‐どく【精読】

[名](スル)細かいところまで、ていねいに読むこと。熟読。「原典を精読する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せいどく【精読】

( 名 ) スル
内容を細かく吟味しつつ、丁寧に読むこと。熟読。 「古典を-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

せい‐どく【精読】

〘名〙 くわしく読むこと。こまかなまで注意深く読むこと。
※東寺百合文書‐ほ・康保二年(965)一二月二一日・東寺長者御教書案「一部終読功之後」
※条約改正論(1889)〈島田三郎〉二「虚心に夫の正文を精読せよ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

精読の関連情報