熟読(読み)じゅくどく

精選版 日本国語大辞典「熟読」の解説

じゅく‐どく【熟読】

〘名〙
文章の意味を考えてよくむこと。
※天理本日本書紀抄(1527)中「和歌も三十二字までは口内に熟読せらるる也」
※談義本・当世下手談義(1752)二「酒説養生論を朝夕熟読(ジュクドク)して」 〔東観余論‐附録〕
※洒落本・根柄異軒之伝(1780)「縁談の世話〈略〉年恰好是々と見繕、うそを云ても熟読(ジュクどく)させ、世話やき代をたくるべし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「熟読」の解説

じゅく‐どく【熟読】

[名](スル)文章の意味をよく考えながらじっくり読むこと。「名作を熟読する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

羂索

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に環、他端に独鈷杵(とっこしょ)の半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王・千手観音・不空羂索観音などがこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android