熟読(読み)じゅくどく

精選版 日本国語大辞典「熟読」の解説

じゅく‐どく【熟読】

〘名〙
文章の意味を考えてよく読むこと。
※天理本日本書紀抄(1527)中「和歌も三十二字までは口内に熟読せらるる也」
※談義本・当世下手談義(1752)二「酒説養生論を朝夕熟読(ジュクドク)して」 〔東観余論‐附録〕
※洒落本・根柄異軒之伝(1780)「縁談の世話〈略〉年恰好是々と見繕、うそを云ても熟読(ジュクどく)させ、世話やき代をたくるべし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「熟読」の解説

【熟読】じゆくどく

よく読む。〔宋史、隠逸下、徐中行伝〕(授くるの經を得て、熟讀思、~夜、に安んぜざること踰年。~日(きやうじつ)坐し、(ざうけい)する、人測(はか)る(な)きなり。

字通「熟」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

ツール・ド・フランス

フランスを舞台にした国際的規模のロードレース (→自転車競技 ) 。 1903年,フランス人の自転車選手兼ジャーナリストのアンリ・デグランジュが創設。以来,2度の世界大戦時以外は毎年開催されており,フ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android