糞人参(読み)クソニンジン

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

糞人参 (クソニンジン)

学名:Artemisia annua
植物。キク科の一年草,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

くそ‐にんじん【糞人参】

〘名〙 キク科の一年草。各地の路傍や人家付近の空地などに生える。茎は高さ一メートルぐらいになってよく分枝する。葉は細かく分裂して三回羽状複葉になり、裂片は鋭くとがる。秋、上部の枝に径一・五ミリメートルぐらいの半球状の緑黄色の頭花を穂状につける。葉がニンジンに似て全体に悪臭があるのでこの名がある。漢名、黄花蒿。ほそばにんじん。〔重訂本草綱目啓蒙(1847)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる