コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

糞門(読み)フンモン

デジタル大辞泉の解説

ふん‐もん【糞門】

Dung Gateパレスチナ地方の古都エルサレムの旧市街(東エルサレム)にある城門の一つ。南東側に位置する。16世紀半ばに建造。神殿の丘の南西側に面し、嘆きの壁に近い。名称はかつて屎尿(しにょう)やごみなどが運ばれていたことに由来する。アラビア語名バーブアルマガルベ(「マグレブ門」、モロッコ人居住地があったことから)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android