コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

糸井茂助 いとい もすけ

1件 の用語解説(糸井茂助の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

糸井茂助 いとい-もすけ

1824-1883 幕末-明治時代の武士,農事改良家。
文政7年2月24日生まれ。出羽(でわ)秋田藩士。安政4年蝦夷地(えぞち)の増毛(ましけ)にわたり,沿岸警備にあたる。廃藩後,雄勝郡(おがちぐん)杉沢村(湯沢市)横山の地を開墾し,大豆(だいず)・小豆(あずき)などを試作。品種改良と良種の普及につとめ,優良新種「兄大豆(あにまめ)」(糸井豆)をつくりだした。明治16年7月6日死去。60歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

糸井茂助の関連キーワード浅野武経上平主税岡田善長麻見義修鈴木大津田信弘中尾豊岳長倉訒鍋島直暠山口広江

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone