コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紀俊秀 きい としひで

1件 の用語解説(紀俊秀の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

紀俊秀 きい-としひで

1870-1940 明治-昭和時代前期の政治家。
明治3年10月生まれ。和歌山県日前(ひのくま)・国懸(くにかかす)神宮の宮司。大正12年和歌山市長。上水道の創設や交通機関の整備に力をそそぐ。貴族院議員。博愛生命保険,万寿生命保険などの社長もつとめた。昭和15年9月20日死去。71歳。学習院卒。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

紀俊秀の関連キーワード新体制運動製糸業日本科学史ウォルシュ喜劇映画中南米映画日中戦争北欧映画奈破崙開拓使

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone