コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国懸神宮 クニカカスジングウ

百科事典マイペディアの解説

国懸神宮【くにかかすじんぐう】

和歌山市秋月に日前神宮(ひのくまじんぐう)と並んで鎮座する,旧官幣大社。両宮をあわせ日前宮(にちぜんぐう)と通称する。天照大神と同一神の国懸大神をまつる。《日本書紀》によれば,天照大神の岩戸隠れのおりに使用された,石凝姥(いしこりどめ)の作った鏡を両宮の神体としたと伝える。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

くにかかすじんぐう【国懸神宮】

和歌山市秋月にある神社。祭神は国懸大神。同一境内に日前ひのくま神宮が並ぶ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

国懸神宮
くにかかすじんぐう

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の国懸神宮の言及

【日前国懸神宮】より

…和歌山市秋月に鎮座。同一境内に日前・国懸両宮があり,西方の日前神宮は日前大神を主に,相殿に思兼(おもいかね)命,石凝姥(いしこりどめ)命をまつり,東方の国懸神宮は国懸大神を主に,相殿に玉祖(たまのや)命,明立天御影(あかるたちあめのみかげ)命,鈿女(うずめ)命をまつる。両神宮を一括して日前(にちぜん)宮と通称される。…

※「国懸神宮」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

国懸神宮の関連キーワード日前国懸神宮紀 俊秀神郡神宮

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

国懸神宮の関連情報