コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紀勝長 きの かつなが

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

紀勝長 きの-かつなが

754-806 平安時代前期の公卿(くぎょう)。
天平勝宝(てんぴょうしょうほう)6年生まれ。紀船守(ふなもり)の子。延暦(えんりゃく)4年近江守(おうみのかみ)。5年蝦夷(えみし)攻めに際して東山道の兵器を調査する。兵部大輔(たいふ),造東大寺司長官などをへて,15年参議,25年中納言にすすむ。従三位。射礼(じゃらい)の容儀を子の興道(おきみち)につたえた。大同(だいどう)元年10月3日死去。53歳。初名は梶長。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

紀勝長の関連キーワード天平勝宝紀木津魚紀名虎紀興道

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android