容儀(読み)ようぎ

精選版 日本国語大辞典「容儀」の解説

よう‐ぎ【容儀】

〘名〙
① 礼にかなった姿・形や身のこなし。また、ととのった姿。儀容礼容
※勝鬘経義疏(611)十大受章「故先修容儀以静其志」 〔漢書‐馮奉世伝〕
② 顔だち。きりょう。容貌。
※御伽草子・猿の草子(室町末)「此猿ようぎこつがらよき若き者也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「容儀」の解説

よう‐ぎ【容儀】

礼儀作法にかなった身のこなし。また、その姿。
「常に飄然として、絶えて貴族的―を修めざれど」〈紅葉金色夜叉
顔だち。器量
「その―次第に、男のかたより金銀とるはずの事なるべし」〈一代女・三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「容儀」の解説

【容儀】ようぎ

礼容。たちいふるまい。〔南史、陳宣帝紀〕長ずるにび、容儀を美(よ)くし、身の長(たけ)尺三寸、手を垂るれば(ひざ)をぐ。~騎射を善くす。

字通「容」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

常任理事国

国連安全保障理事会の構成国(15か国)のうち、中国(1971年中華人民共和国が中華民国にかわり代表権を獲得)、フランス、ロシア(1991年ロシア連邦がソビエト社会主義共和国連邦の地位を継承)、イギリス...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android