コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紀古麻呂 きの こまろ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

紀古麻呂 きの-こまろ

?-? 飛鳥(あすか)-奈良時代の官吏。
紀大人(うし)の子。紀飯麻呂(いいまろ)の父。慶雲(きょううん)2年(705)新羅(しらぎ)(朝鮮)貢調使金儒吉(こん-じゅきつ)をむかえる騎兵大将軍に任じられる。のち正五位下,式部大輔(たいふ)。「懐風藻」に漢詩2首がある。享年59歳という。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

きのこまろ【紀古麻呂】

奈良時代の官人貴族。生没年不詳。大人の子。飯麻呂の父。705年(慶雲2)新羅貢調使金儒吉の入京を迎える騎兵大将軍となった。時に正五位上。没年は明らかでないが,59歳で没し,正五位上式部大輔であった。《懐風藻》に漢詩2首を残している。【薗田 香融】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

紀古麻呂の関連キーワード奈良時代

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android