コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紀咋麻呂 きの くいまろ

1件 の用語解説(紀咋麻呂の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

紀咋麻呂 きの-くいまろ

755-833 奈良-平安時代前期の官吏。
天平勝宝(てんぴょうしょうほう)7年生まれ。紀古佐美(こさみ)の子。紀愛宕麻呂(おたぎまろ)の父。延暦(えんりゃく)25年桓武(かんむ)天皇葬送の御装束司をつとめる。のち刑部大輔(ぎょうぶのたいふ),左京大夫(さきょうのだいぶ),出雲守(いずものかみ)などを歴任。伝に「人となり才なし。田原天皇(施基(しきの)皇子)の外戚(がいせき)をもって特に四位に至る」という。天長10年1月19日死去。79歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

紀咋麻呂の関連キーワード朝右王安倍弟当小野永見川枯勝成百済鏡仁佐伯諸成讃岐当世平安典橘海雄飛騨祖門

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone