コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清原夏野 きよはらのなつの

7件 の用語解説(清原夏野の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

清原夏野
きよはらのなつの

[生]延暦1(782)
[没]承和4(837).10.7. 京都
平安時代初期の廷臣。小倉王の子。右大臣。初名繁野。延暦 23 (804) 年清原真人姓を賜い夏野と改めた。『日本後紀』『令義解』の編纂に従事。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

きよはら‐の‐なつの【清原夏野】

[782~837]平安前期の貴族・学者。清原家の祖。小倉王の子で清原の姓を賜り、臣籍に下った。内裏式の改訂、令義解(りょうのぎげ)日本後紀の編集にあたった。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

清原夏野 きよはらの-なつの

782-837 平安時代前期の公卿(くぎょう),漢学者。
延暦(えんりゃく)元年生まれ。小倉王の5男。清原春子の父。弘仁(こうにん)14年参議。淳和(じゅんな)天皇に信任されて従二位,右大臣にすすむ。「令義解(りょうのぎげ)」の撰定を主宰し,「日本後紀」の編修にも参加。詩文は「経国集」にみられる。承和(じょうわ)4年10月7日死去。56歳。幼名は繁野(しげの)王。通称は比(ならび)大臣,双岡(ならびがおか)大臣。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

清原夏野

没年:承和4.10.7(837.11.8)
生年:延暦1(782)
平安前期の公卿。小倉王と右馬頭小野縄手(綱手とも)の娘の子。はじめ繁野王と称したが,延暦23(804)年6月清原真人を賜姓され,夏野と改名した。桓武,平城,嵯峨,淳和,仁明の5代の天皇に仕え,天長9(832)年右大臣,翌10年従二位に昇進。この間『内裏式』の改訂や『日本後紀』『令義解』などの編纂に従事する一方,親王を上総,下総,上野3国の長官に任じる,いわゆる「親王任国」の設置を提案するなど政治面でも活躍した。名勝双ケ岡(京都市右京区)の東麓に山荘を営んだので双岡大臣と称された。ここに天長7年,淳和天皇を招き,承和1(834)年には嵯峨上皇が臨幸して詩宴が催され,妻の葛井庭子や子の滝雄らが叙爵されている。右京区花園の法金剛院が山荘跡と伝えられる。弘仁6(815)年4月,嵯峨天皇の近江梵釈寺の行幸に従ったときの詩は『経国集』に収められる。<参考文献>滝川政次郎「右大臣清原夏野伝」(『国学院大学紀要』5)

(瀧浪貞子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

きよはらのなつの【清原夏野】

782‐837(延暦1‐承和4)
平安初期の貴族。舎人(とねり)親王の曾孫。正五位下小倉王の第5子。はじめ繁野王といったが,804年(延暦23)清原真人を賜姓されたときに夏野と改めた。803年内舎人,810年(弘仁1)蔵人,811年従五位下で大伴親王(のちの淳和天皇)の春宮亮。823年に淳和天皇が即位すると以後めざましく昇進し,まず従四位下蔵人頭・左近衛中将ついで参議,825年(天長2)従三位中納言左衛門督,826年左近衛大将・民部卿を兼ね,830年大納言,832年右大臣となり,833年従二位。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

きよはらのなつの【清原夏野】

782~837) 平安初期の貴族。右大臣。舎人とねり親王の孫小倉王の子。清原真人の姓を賜り清原氏の祖となる。「令義解」の編纂者。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

清原夏野
きよはらのなつの
(782―837)

平安初期の官僚。舎人(とねり)親王の孫小倉(おぐら)王の子で母は小野氏。幼名を繁野(しげの)王といったが、804年(延暦23)に父の上表により清原真人(まひと)を賜姓され、名を夏野と改めた。内舎人(うどねり)を経て、810年(弘仁1)に蔵人(くろうど)となり、淳和(じゅんな)天皇の即位に伴い蔵人頭(とう)兼左近衛(さこのえ)中将となり、ついで参議となった。825年(天長2)従三位(じゅさんみ)中納言(ちゅうなごん)兼左衛門督(さえもんのかみ)となり、左近衛大将、民部卿(きょう)などを歴任し、832年には右大臣となった。この間『日本後紀』の編纂(へんさん)に加わり、833年には『令義解(りょうのぎげ)』を撰進(せんしん)し、また『内裏式(だいりしき)』も修補した。常陸(ひたち)など3国の国守に親王を任ずる親王任国制はその提案による。詩文を愛し『経国集(けいこくしゅう)』の作者でもある。別業双岡(ならびがおか)山荘の名より比(ならび)大臣、双岡大臣ともよばれた。[佐藤宗諄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

清原夏野の関連キーワード小倉熙季小倉季種小倉公根馬頭右馬頭地下の公卿小倉王小野蔵根小野好純藤原信隆

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone