コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紀牛養 きの うしかい

1件 の用語解説(紀牛養の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

紀牛養 きの-うしかい

?-? 奈良時代の官吏。
天平宝字(てんぴょうほうじ)2年(758)従五位下,武部(ぶぶの)(兵部)少輔(しょう)となる。4年西海道巡察使にえらばれ,防衛の要である西海道諸国が所定数の武器を製造していないので不慮にそなえるべきことを奏上した。少納言,右少弁を歴任後,一時位階を剥奪(はくだつ)された(藤原仲麻呂の乱に座したか)が,宝亀(ほうき)2年(771)復位した。名は牛甘ともかく。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

紀牛養の関連キーワード安倍黒麻呂阿倍子嶋大神奥守忍坂王掃守王巨勢古麻呂佐伯毛人多治比家主藤原小湯麻呂李元環

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone