約翁徳倹(読み)やくおう とっけん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

約翁徳倹 やくおう-とっけん

1245-1320 鎌倉時代の僧。
寛元3年生まれ。臨済(りんざい)宗。鎌倉建長寺の蘭渓道隆(らんけい-どうりゅう)に師事し,奈良東大寺受戒。宋(そう)(中国)にわたり8年後に帰国,永仁(えいにん)4年鎌倉長勝寺をひらく。のち京都建仁(けんにん)寺,南禅寺などの住持をつとめた。元応2年5月19日死去。76歳。諡号(しごう)は仏灯大光国師。著作に「仏灯国師語録」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

パッシングショット

テニスで、ネット際に進んできている相手のわきを抜く打球。パス。パッシング。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android