寂室元光(読み)じゃくしつ げんこう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

寂室元光 じゃくしつ-げんこう

1290-1367 鎌倉-南北朝時代の僧。
正応(しょうおう)3年5月15日生まれ。臨済(りんざい)宗。約翁徳倹(やくおう-とっけん)の法をつぐ。元応2年(1320)元(げん)(中国)にわたり,中峰明本(ちゅうほう-みんぽん)らに師事。帰国後,25年間にわたって隠棲(いんせい)。のち近江(おうみ)守護の六角氏頼(うじより)にまねかれ,永源寺開山(かいさん)となった。貞治(じょうじ)6=正平(しょうへい)22年9月1日死去。78歳。美作(みまさか)(岡山県)出身。俗姓藤原諡号(しごう)は円応(えんのう)禅師。著作に「永源寂室和尚語録」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

寂室元光

没年:貞治6/正平22.9.1(1367.9.25)
生年:正応3.5.15(1290.6.23)
鎌倉後期・南北朝時代臨済宗の禅僧。美作(岡山県)高田の藤原氏の出身。京都三聖寺の無為昭元について受戒し,のちに鎌倉に赴いて大覚派の約翁徳倹に師事した。元応2(1320)年に入元して杭州(浙江省)天目山の中峰明本らに学び,嘉暦1(1326)年に帰国した。備後(岡山県)吉津の永徳寺の開山となり,康安1/正平16(1361)年には近江(滋賀県)の佐々木氏頼に招かれて永源寺の開山となる。五山十刹(禅宗寺院の制度)など官寺からの要請を固辞し,生涯,隠逸に徹して黒衣の平僧を貫いた。諡号は円応禅師,正燈国師。著書に『永源寂室和尚語録』がある。

(佐藤秀孝)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

寂室元光
じゃくしつげんこう
(1290―1367)

南北朝時代の臨済(りんざい)宗の僧。美作(みまさか)(岡山県北部)の人。俗姓は藤原氏。約翁徳倹(やくおうとくけん)(1245―1320)の印可を受け、1320年(元応2)入元。中峰明本(ちゅうほうみんぽん)(1263―1323)、古林清茂(くりんせいも)(1262―1329)、清拙正澄(せいせつしょうちょう)らに参じ、1326年(嘉暦1)帰朝。俗塵(ぞくじん)を避けて25年間幽居したが、請われて諸寺に住し、1361年(正平16・康安1)近江(おうみ)(滋賀県)の佐々木氏頼(ささきうじより)(1326―1370)の請いにより永源寺(えいげんじ)の開山となった。声望高く、参ずる者2000人に及んだといわれる。1367年(正平22・貞治6)78歳で示寂。勅諡(ちょくし)は円応禅師(えんのうぜんじ)。『永源寂室和尚(わじょう)語録』2巻がある。[中尾良信]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

寂室元光 (じゃくしつげんこう)

生年月日:1290年5月15日
鎌倉時代後期;南北朝時代の臨済宗の禅僧
1367年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

じゃくしつ‐げんこう ‥ゲンクヮウ【寂室元光】

鎌倉末期~南北朝時代の臨済宗の僧。諡(おくりな)は円応禅師。美作(岡山県)の人。元応二年(一三二〇)中国に渡り、中峰明本に学んだ。帰国後、長く世に隠れていたが延文五年(一三六〇)永源寺の開山となった。正応三~貞治六=正平二二年(一二九〇‐一三六七

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の寂室元光の言及

【永源寺】より

…創建時は飯高山と号し,寺号は山上寺ともいう。佐々木氏頼は愛知(えち)川渓谷高野の幽境に後光厳院の勅を奉じて伽藍を営み,1361年(康安1)寂室元光(1290‐1367)を開山に請うて開創し,翌年愛智郡山上郷熊原村を寄進して寺領とした。寺領は将軍足利義満,義持,義政などが安堵し,また佐々木氏は夫役諸公事課役等を免除して経済的保護を加えた。…

※「寂室元光」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android