コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紅の クレナイノ

デジタル大辞泉の解説

くれない‐の〔くれなゐ‐〕【紅の】

[枕]
色の美しく、浅い意から、「色」「あさ」にかかる。
「―色には出でじ」〈古今・恋三〉
「―浅葉(あさは)の野らに」〈・二七六三〉
紅花の汁の染料を「うつし」といい、また、紅を水に振り出して染め、灰汁(あく)で洗う意から、「うつし」「ふりいづ」「飽く」などにかかる。
「―現(うつ)し心や妹(いも)に逢(あ)はざらむ」〈・一三四三・一云〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

くれないの【紅の】

( 枕詞 )
「色」にかかる。 「言ふことの恐かしこき国そ-色にな出でそ思ひ死ぬとも/万葉集 683
薄い(浅い)色の紅色くれないいろのあることから、「浅」を含む地名「浅葉の野」にかかる。 「 -浅葉の野らに刈る草の/万葉集 2763
紅色を移すということから、「うつし心」にかかる。 「言痛こちたくはかもかもせむを-現うつし心や妹に逢はざらむ/万葉集 1343
紅花はふり立てて色を出すことから、「ふり出づ」にかかる。 「 -ふり出でつつ泣く涙には/古今 恋二
紅染めに灰汁あくを用いることから、「飽く」にかかる。 「限りなく思ひそめてし-ひとを飽くにぞかへらざりける/拾遺 恋五
紅色で何度もそめることから、何度も染める意の「やしほ」を含む「やしほの岡」にかかる。 「 -やしほの岡の紅葉ばを/新勅撰 秋下

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

紅のの関連キーワード千鳥掛け・千鳥掛掻練・搔練・皆練麦の海に沈む果実火焔隈・火焰隈並べてならずベースメーク浮きぬ沈みぬ表筵・上蓆唐紅・韓紅おちょぼみさみさ眉墨・黛ぼうぞく八入の色思ひ死ぬ天皇旗紅梅襲浅らか表御衣一花衣

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

紅のの関連情報