コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紅の クレナイノ

2件 の用語解説(紅のの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

くれない‐の〔くれなゐ‐〕【紅の】

[枕]
色の美しく、浅い意から、「色」「あさ」にかかる。
「―色には出でじ」〈古今・恋三〉
「―浅葉(あさは)の野らに」〈・二七六三〉
紅花の汁の染料を「うつし」といい、また、紅を水に振り出して染め、灰汁(あく)で洗う意から、「うつし」「ふりいづ」「飽く」などにかかる。
「―現(うつ)し心や妹(いも)に逢(あ)はざらむ」〈・一三四三・一云〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

くれないの【紅の】

( 枕詞 )
「色」にかかる。 「言ふことの恐かしこき国そ-色にな出でそ思ひ死ぬとも/万葉集 683
薄い(浅い)色の紅色くれないいろのあることから、「浅」を含む地名「浅葉の野」にかかる。 「 -浅葉の野らに刈る草の/万葉集 2763
紅色を移すということから、「うつし心」にかかる。 「言痛こちたくはかもかもせむを-現うつし心や妹に逢はざらむ/万葉集 1343
紅花はふり立てて色を出すことから、「ふり出づ」にかかる。 「 -ふり出でつつ泣く涙には/古今 恋二
紅染めに灰汁あくを用いることから、「飽く」にかかる。 「限りなく思ひそめてし-ひとを飽くにぞかへらざりける/拾遺 恋五
紅色で何度もそめることから、何度も染める意の「やしほ」を含む「やしほの岡」にかかる。 「 -やしほの岡の紅葉ばを/新勅撰 秋下

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

紅のの関連キーワード赤ら引く朝霧の肉串ろ躑躅花波雲の花細し瑞垣の焼き太刀を唐棣花色の紅葉の

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

紅のの関連情報