コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石代 コクダイ

大辞林 第三版の解説

こくだい【石代】

江戸時代、田畑の租税として、米の代わりに貨幣で納めたこと。また、その金。石代納のう。 → 貫代

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

石代の関連キーワード地租改正反対一揆南山御蔵入騒動田畑勝手作許可小木曾猪兵衛小木曽猪兵衛高岡法科大学年貢皆済目録ワッパ一揆金納・銀納地方落穂集わっぱ騒動大小切騒動農民運動地租改正北沢伴助生野銀山伊勢暴動別子銅山真壁騒動いのう

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android