コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紅天狗茸 ベニテングタケ

デジタル大辞泉の解説

べに‐てんぐたけ【紅天××茸】

テングタケ科のキノコ。有毒。夏から秋、深山の林内に生え、高さ10~20センチ。傘は深紅色から橙黄色で、表面に白いいぼがある。柄は白く、途中に膜状のつばがあり、下端は膨れている。あかはえとり。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android