紅葉唐松(読み)モミジカラマツ

大辞林 第三版の解説

もみじからまつ【紅葉唐松】

キンポウゲ科の多年草。高山の湿った草地に生える。根葉は柄が長く、掌状に分裂。初夏、高さ約50センチメートルの花茎の先に蕊しべの目立つ多数の白色の小花をつける。モミジショウマ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

紅葉唐松 (モミジカラマツ)

学名:Trautvetteria caroliniensis var.japonica
植物。キンポウゲ科の多年草,高山植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

もみじ‐からまつ もみぢ‥【紅葉唐松】

〘名〙 キンポウゲ科の多年草。北海道、本州中部以北の深山の林下に生える。高さおよそ六〇センチメートル。葉は長柄をもち根生。葉身は心円形で幅五~二〇センチメートル、掌状に五~一〇裂して裂片の縁は欠刻状となる。夏、茎頂に白色の小花を多数散房状につける。花には早落生の萼片があるが、花弁はない。もみじしょうま。くさつしょうま。〔物品識名拾遺(1825)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android