コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紅葉山楽人 もみじやまがくにん

1件 の用語解説(紅葉山楽人の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

紅葉山楽人
もみじやまがくにん

江戸時代に創設された雅楽の演奏団体。寛永 19 (1642) 年に結成。江戸城内の紅葉山にあった徳川家康廟の祭礼のため,3代将軍家光の要請でつくられ,京都,大坂,奈良のいわゆる三方楽人 (さんぽうがくにん) の2,3男を中心に結成された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の紅葉山楽人の言及

【紅葉山】より

…家康廟はのちに東照宮といい,毎年4月17日の忌日には将軍の参詣があり,紅葉山御社参ととなえ幕府年中行事の一つであった。祭事のための楽人が付属し,紅葉山楽人といい,霊廟には紅葉山坊主が雑事に当たった。地域一帯の警備として紅葉山火之番(はじめ留守居支配,のち寺社奉行支配)が設けられた。…

※「紅葉山楽人」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone