コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紋織(り) モンオリ

1件 の用語解説(紋織(り)の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

もん‐おり【紋織(り)】

文様を織り出すこと。また、その織物。
紋織物」の略。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の紋織(り)の言及

【織物】より

…また結城や越後のいざり機では,刀状の緯打ち具に緯糸を巻いた管を組み込んだ,緯入れと緯打ちとを兼ねた大杼というのを用いていて,これが古い形であろうと考えられるが,後には筬も加わって,現在では両方で緯打ちをしている。 織物に必要な最小限度の道具の大要は以上であるが,紋織にはさらに多くの綜絖が必要であり,機の構造も複雑で,2~3人がかりで織る。紋織の装置を花楼(そらひき)装置といい,その機を空引(そらひき)機と呼んでいる。…

※「紋織(り)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone