紋羽二重(読み)もんはぶたえ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

紋羽二重
もんはぶたえ

紋様を織り出した羽二重。平羽二重 (平織の羽二重の総称) に紋様を織り出したもので,地紋を織り出すにはジャカード織機装置を使う。小幅物と広幅物があり,用途は主として着尺地,羽尺 (端尺) 地,半襟などである。輸出用には,特に薄地物 (軽目羽二重) として製織する。産地は,多湿な環境が適し,福井,石川両県が中心。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

もん‐はぶたえ〔‐はぶたへ〕【紋羽二重】

文様を織り出した羽二重。紋織りの羽二重。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android