コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

納払明細帳 おさめはらいめいさいちょう

1件 の用語解説(納払明細帳の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

おさめはらいめいさいちょう【納払明細帳】

江戸時代,代官所より毎年幕府勘定所に進達する帳簿の一つ。取箇帳・郷帳に掲載した租税に加え,年々増減のある諸運上・分一(ぶいち),高掛物・付加税・諸物払代・拝借返納金に至る納物,村方渡の米金など当年の出納にかかわるものを漏れなく記し,地方勘定帳に組まない分は外記とし,勘定仕上げ(決算)の元払にする帳簿で,年貢皆済前12月中に御殿勘定所勝手方に提出する。これにより浅草など米蔵・金蔵へ収納される予定米金額が確定する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

納払明細帳の関連キーワード岩鼻勘定吟味役鍵番勘定組頭勘定所進達書代官所帳面方勘定衆国役掛

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone