納払明細帳(読み)おさめはらいめいさいちょう

世界大百科事典 第2版の解説

おさめはらいめいさいちょう【納払明細帳】

江戸時代,代官所より毎年幕府勘定所に進達する帳簿の一つ。取箇帳郷帳に掲載した租税に加え,年々増減のある諸運上・分一(ぶいち),高掛物・付加税・諸物払代・拝借返納金に至る納物,村方渡の米金など当年出納にかかわるものを漏れなく記し,地方勘定帳に組まない分は外記とし,勘定仕上げ(決算)の元払にする帳簿で,年貢皆済前12月中に御殿勘定所勝手方に提出する。これにより浅草など米蔵金蔵へ収納される予定米金額が確定する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android