紙腔琴(読み)シコウキン

デジタル大辞泉の解説

しこう‐きん〔シカウ‐〕【紙×腔琴】

オルゴールの一種。楽譜を刻んである巻き紙を、箱の中央部に並べた笛の簧(した)の上にはめ込み、取っ手を回すと旋律を奏するようにしたもの。明治23年(1890)ごろ、戸田欽堂が発明。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しこうきん【紙腔琴】

手回し式の小型自動オルガン。譜に応じて穴をあけた帯状の紙を用いる。1892年(明治25)、戸田欽堂が考案。栗本鋤雲じようんが命名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノンフィクション本大賞

全国の書店員が選出する「本屋大賞」の部門賞の一つで、日本語による優れたノンフィクション作品(海外作品の翻訳本は除く)に贈られる賞。正式名称は「Yahoo!ニュース|本屋大賞 ノンフィクション本大賞」。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android