コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戸田欽堂 とだ きんどう

1件 の用語解説(戸田欽堂の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

戸田欽堂 とだ-きんどう

1850-1890 明治時代の民権運動家,小説家。
嘉永(かえい)3年7月19日生まれ。美濃(みの)(岐阜県)大垣藩主戸田氏正(うじただ)の子。明治4年渡米,帰国後洗礼をうけ,聖書の販売などにあたる。のち北辰社にくわわり,国会開設請願運動を展開。また政治小説「民権演義情海波瀾」をあらわした。明治23年8月10日死去。41歳。名は氏益。通称は三郎四郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の戸田欽堂の言及

【政治小説】より

…明治前期に自由民権思想とナショナリズムの精神を普及させる目的で書かれた一群の傾向小説を指す。政治小説の最初の作品は1880年(明治13)に刊行された戸田欽堂(1850‐90)の《民権演義 情海波瀾》である。この作品は,芸者魁屋(さきがけや)阿権をめぐる2人の客和国屋民次と国府正文の鞘当てという筋書きどおり,民権の確立(国会開設)を争点とする政府と人民の対立と調和が,アレゴリーの形式に託されている。…

※「戸田欽堂」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

戸田欽堂の関連キーワード上野富左右宇陀太郎神崎正蔵鈴木久弥田代季吉野手一郎府川謙斎三浦文次湊省太郎若生精一郎

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone