コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

素妙 そみょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

素妙 そみょう

?-? 鎌倉時代の尼僧。
曹洞(そうとう)宗。筑前(ちくぜん)(福岡県)聖福寺寒巌義尹(かんがん-ぎいん)に師事し,文永6年(1269)義尹を開山(かいさん)として郷里肥後(熊本県)に如来(にょらい)寺を建立した。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

素妙

生年:生没年不詳
鎌倉後期の曹洞宗の尼でその支援者。肥後国古保里荘(熊本県宇土市)の領主古保里越前守の娘とする説と,同国飽田郡河尻村(熊本市)の地頭で,大慈寺の檀越としても知られる河尻泰明の妹とする説がある。文永4(1267)年に宋から帰国して博多聖福寺に居住していた寒巌義尹に師事し,古保里荘内に義尹を開山として如来寺を建立したという。同じころ,義尹の高弟仁叟浄煕を招いて,同荘内に報恩寺(のち,現在の熊本市内に移転)を建立したとも伝えるが,両寺の草創伝承は混同されている形跡があり,後者については確実ではない。<参考文献>『大慈寺記』『肥後国誌』『新撰事績通考』,曹洞宗尼僧史編纂会編『曹洞宗尼僧史』

(牛山佳幸)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

素妙の関連キーワード鎌倉時代

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android