コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

素妙 そみょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

素妙 そみょう

?-? 鎌倉時代の尼僧。
曹洞(そうとう)宗。筑前(ちくぜん)(福岡県)聖福寺寒巌義尹(かんがん-ぎいん)に師事し,文永6年(1269)義尹を開山(かいさん)として郷里肥後(熊本県)に如来(にょらい)寺を建立した。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

素妙

生年:生没年不詳
鎌倉後期の曹洞宗の尼でその支援者。肥後国古保里荘(熊本県宇土市)の領主古保里越前守の娘とする説と,同国飽田郡河尻村(熊本市)の地頭で,大慈寺の檀越としても知られる河尻泰明の妹とする説がある。文永4(1267)年に宋から帰国して博多聖福寺に居住していた寒巌義尹に師事し,古保里荘内に義尹を開山として如来寺を建立したという。同じころ,義尹の高弟仁叟浄煕を招いて,同荘内に報恩寺(のち,現在の熊本市内に移転)を建立したとも伝えるが,両寺の草創伝承は混同されている形跡があり,後者については確実ではない。<参考文献>『大慈寺記』『肥後国誌』『新撰事績通考』,曹洞宗尼僧史編纂会編『曹洞宗尼僧史』

(牛山佳幸)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

素妙の関連キーワード鎌倉時代

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android