紫酢漿草(読み)ムラサキカタバミ

デジタル大辞泉の解説

むらさき‐かたばみ【紫酢漿草】

カタバミ科の多年草。地下の鱗茎(りんけい)は子球をつくってよく増える。カタバミより大形。夏、淡紅色の花を開く。南アメリカの原産で、江戸時代に渡来し帰化。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

むらさきかたばみ【紫酢漿草】

カタバミ科の多年草。南アメリカ原産の帰化植物。褐色の鱗茎りんけいがあり、葉は三小葉からなる。夏、淡紅色の小さい花がたくさん咲く。キキョウカタバミ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android